ジャンク派

ごあいさつ


この度の、たいへんな震災は、
各地に大きな被害をもたらしました。

被災されました方々、ならびにご家族、関係者の皆様に対し
心よりお見舞い申し上げますとともに、
1日も早い復旧をお祈りいたします。

多くの人たちが傷ついているこの時こそ、

僕たちは、今、自分に何が出来るのかを真剣に問うて、
そのあり方を考えていかなくてはいけません。

そして、復興に向けて、希望を見失わずに、
不謹慎と思わずに、今こそ、元気を出してゆくべきだと思うのです。

そうした働きかけを僕自身は大切にしたいですし、
くしくもこの時期に、こうして「ジャンク派」が
大きくリニューアルして、前進していく運びとなったことに、

その意味と使命とを感じさせられています。

ジャンク派は、自分の生き方を創造して行こうとする、
独自の道を開拓して行こうとする「若者たち」の
「自由」を求めるムーブメントです。

一人ひとりが、この時期だからこそ、
しっかりと、自分の立場と、その取り組みを根本的に見つめ直し、
再スタートして行く必要が出てきています。

そしてまた、日本全体が、この痛ましい災害を契機にし、
今まさに、これまでの価値観を見つめ直す時期に直面している
と言えるでしょう。

みんなが「日本を元気にして行けるよう」に、
そしてこの「閉塞感漂う現状を打破して行けるよう」に、

ジャンク派も、その活動を通して、
取り組んで参りたいと、今、ここに決意を新たにしています。


  2011年 春          代表 チェン・スウリー


ホームに戻る