デリヘルの仕事を始めました

今日は初出勤でした。結構山形の中では高級デリヘルなようで、お客様の層もしっかりとした身なりの方が多いとの事でした。「新人」「未経験」というステータスが効いてるのか予約はすぐに埋まりました。不安な気持ちは確かにありましたが、終わってみるとあっという間でこれで楽に高額な金額を得られるのであれば続けられそうだと感じました。今日は比較的見た目も普通で、清潔感のあるお客さんに当たった可能でもあるのでしばらく様子見ではありますが、よっぽどのことがなければ心が折れることはなさそうです。

 

夜に今日はユミリとボイスチャットをすることになりました。ネットで知り合った人とお話しするのは今回が初めてのことです。ユミリが一体どうゆう女の子なのか話し方だけですが雰囲気を知れるのは嬉しく思います。約束の時間になりユミリからボイスチャットの着信がきました。第一声が「こんにちはー!初めましてユミリです!」と可愛い声が響きました。すごく話しやすい雰囲気の人で、緊張することなくお話しすることができました。私の人でなしみたいな願望も共感してもらえて、新鮮な気持ちでした。ユミリが言うにはもしかしたら出張すれば顔バレもないし、安心して働けるから山形への引越しを考えてるという話を聞き、もしかしたら近い将来ユミリと同じ店舗で働くことができるかもしれません。ユミリとは同じ年でデリヘルの仕事自体は半年前から初めているそうです。就職活動も少しやっていたそうなのですが、この仕事で十分稼げるので1年くらい自由な時間を過ごしたいという私と同じような発想をユミリも持ったらしく、今に至るとのことでした。普通の会社に勤務している人と比べて働く時間も短く、大金を稼ぐことができるのでソーシャルゲームやファッション、美容にもお金をたくさん使っているとのことでした。たわいもないことを話していたらお互いの趣味がかなり重なるところが多く、ユミリも無類のゲーム好きで私もプレイしたことのあるゲームの話題で盛り上がりました。またユミリが今どハマりしてるソーシャルゲームを教えてもらい私も初めてみることにしました。同い年で共通の趣味も多く、同じ環境ということで話がとても合い4時間くらい気づけばあっという間に話していました。明日もお互い仕事ですが夕方くらいから支度し始めるので、悠々とした時間を過ごすことができます。時間とお金に余裕が有るというのはこんなにも充実感を味わえるのかと、しみじみ思いました。世間から見たら誇れる仕事ではないですが、平日せせこましく慌ただしく仕事をしてる人を尻目にこんなゆったりとした時間を過ごしていることに優越感を覚えました。ユミリとのボイスチャットを終えた後、なかなか時間がなくてできなかったアニメ風のイラストを思い立って描き始めました。時間があれば描きたいと思いつつ月日が流れなかなか作品が増えずにいたので、描きたいと思っていたネタをいくつかピックアップし、一つ一つイラストにしていこうと思います。